顔も心も上向きに↑↑

顔(表情の事)心(素質の事)をテーマに、顔も心も上向きに↑↑日々過ごせる内容を書いています。 http://gankin.info/

私は○○

f:id:gankin:20180910070834j:plain

 

顔も心も上向きに↑↑お過ごしですか?やまともです。

今日は役割についてお話しします。

 

マジョリョーシカは右から

みどりちゃん・オレンジちゃん・あおちゃん・レッドちゃんで

解説しますね。

 

 

先日 娘達とおもしろいゲームをやりました。 

「一人称ゲーム」自分自身をさす言葉を どれだけ言えるか。

「私」「うち」「自分」「僕」「おれ」「わたくし」「我(われ)」

「お母さん」「おばさん」「おねえさん」

歴史にはまっている次女からは「せっしゃ」 う~ん渋い!

 

英語は「I」で表されるのに対し、日本語は 実にたくさんありますね。

 

自分をどの一人称で表現するかで、印象が変わってくると言われています。

「うちさぁ~」というのと「わたくしは」というのでは、随分違いますよね。

また、どのように呼ばれるかでも 大きく変わります。

 

因みに現在長女・次女とも「あおちゃん」の段階。

私は「レッドちゃん」

 

♦色々な「顔」を持っている♦

 

一人称の使い分けは、日頃皆さん自然とされていると思います。

年齢を重ねる事に、ライフステージの変化事に、たくさんの呼び名が増えます。

そうたくさんの「顔」を持つことになります。

 

 

そしてその役割によって 性格も形成されていくそうです。

f:id:gankin:20180906084820j:plain

 

上記表は「性格構造の4重丸」ですが

気質=生まれ持ったもの 親から遺伝的に引き継いだもの【みどりちゃん】

生まれ持った素質が 本来の自分だと考えます。

 

②気性 幼少期の対人関係(親のしつけや兄弟順位)家族との関係でできる性格【オレンジちゃん】→

③習慣的性格 小中高生(親から離れた 家族外の集団生活の中)で作られた性格【あおちゃん】→

④役割的性格 現在おかれている状況での役割(仕事、結婚、出産等役割)によってつくられた性格【レッドちゃん】

  

歳を重ねる事に、後天的に役割的性格=現在の性格がつくられていきます。

 

本来マジョリョーシカ「みどりちゃん」からスタートし

年齢を重ねる事に、外的要素が足されていくイメージです。

 

なので私達大人は「レッドちゃん」

その中には「素質」という一番小さい「みどりちゃん」がいるイメージです。

 

 

大人になるとは色々な「顔」の中で生きています。

私の場合、仕事での「私」家庭での「妻」「母」の役割があります。

 

長女出産後、「〇〇ちゃんママ」に慣れず、

仕事&保育園探しを 必死にやった経験があります。きっと仕事の「私」を探していたのかもしれません。

 

自分で選んだものの、保育園生活が始まったら

朝の準備から送迎、通勤まででヘトヘト…疲弊していた時期も。

今はそんな体力…きっとないかな(~_~;)

 

あの頃は 色々な「顔」で忙しく、

顔の「筋肉」なんて考えたこともなかったと思います(笑)

 

役割に重きをおいていると、素質がわからなくなってしまう。

 

子供が手が離れてくると、時間が出来る。

そんな時に「自分が何をしたいか、何が出来るかわからない」という方。

実はたくさん いらしゃいます。

 

そんな時に ふと「素質」=「本来の自分」を思い返してみる。

私って 何が好きだったんだっけ?何にワクワクしてたんだっけ?

 

 

「後天的な性格(役割的性格)の方が 変えるのは簡単です」

 

日々の忙しさに、ついつい自分を振り返時間を忘れがちではないですか?

自分を労わり、振り返る時間はお勧めです。 

 

そして「一人称ゲーム」結構面白いので、是非やってみてくださいね!

お子さんの 渋い一面がみれるかも??

  

では 今日も顔も心も上向きに↑↑お過ごしください。