手取り月収を2倍にする方法。好きな事で好きなだけ稼ぐ【スラッシュキャリアの作り方】

スラッシュキャリア代表・マイスタイル起業塾主宰・好きな事を複数仕事に!顔も心も上向きに↑↑をテーマに書いています。著書「好きな事で無理なく毎月10万円稼ぐ方法」

自粛生活を支えてくれて感謝!

前回に気引き続きhttps://gankin.hatenablog.com/entry/2020/05/01/080957

今回はこの自粛生活を支えてくれた

50冊含め、大人になってから読んだ中からザザザ~と4冊紹介します

テーマは「本との出逢い」

 

読みながら泣いてしまったのもあります

(私が泣くのでw結構レベル高いです)

 

「手紙」

※長女出産後、里帰り中に父の本棚から引っ張り出して読みました

初・東野圭吾

いやぁ~良かった~泣きました。東野圭吾作の中で一番好きかもしれません



f:id:gankin:20200502192520j:image

「とんび」

※これは割と分厚い上下巻

夫が帰りの電車で泣いたと言っていて(私と違い涙もろい夫なのですが)

気合い入れて読んだシリーズ

さすが重松清さん



f:id:gankin:20200502192315j:image

「ぼくたちは神様の名前を知らない」

※これ泣きました。子供たちに心配されましたよ、大丈夫って

3月頭に読んだので、その時期に読んだ意味があるなと思った一冊

五十嵐貴久・著


f:id:gankin:20200502192538j:image

 

「45歳の教科書」

※私が読書しようと思ったきっかけ

「いくら素晴らしい考えを持っていても

それを言葉に表現できなければ、何も考えていないのと同じ」

そうだよな~と腑に落ち、2月10日さほど緊迫ムードではなかった時期に

「2月は読書月間にしよう!」と決めた一冊

 

この中で著者の藤原和博氏は

「小説もノンフィクションも、著者が長い時間をかけて考えた事を追体験できる

素晴らしいもの」「思考力や表現力を養うのに大切」と書かれています

今までビジネス書以外、意味あるのかなぁ~なんて(対して読まないくせにw)

とんだ勘違いをしていた私は、小説もどんどん読み出しました

 

そういう意味でこの「本との出逢い」は素晴らしいきっかけをくれました

まぁ年齢ドンピシャってのもあったけど(^^♪


f:id:gankin:20200502192600j:image

 

 

これからも面白い!深い!感動!

そんな本を紹介していきたいと思っています。