好きを複数仕事に♪マイスタイルを生きる

スラッシュキャリア代表・マイスタイル起業塾主宰・好きな事を複数仕事に!顔も心も上向きに↑↑をテーマに書いています。著書「好きな事で無理なく毎月10万円稼ぐ方法」

営業で使っている言葉は?


f:id:gankin:20190929095916j:image
「好きな事で毎月無理なく10万円稼ぐ方法」

この本は共著ですが、私が担当したのは【営業】

 

昨日の講座でも

「営業で使っている言葉ってありますか」

ご質問がありました。

 

今、「営業職は避けたい」学生も多く

営業=売り込みのイメージが強い

 

特に個人でビジネスをしている場合、

自分のサービスを売り込みヅライ

そんな声をよく聞きます

 

まず先程の質問

「営業で使っている言葉ってありますか」について

必殺ワードみたいな😊

答えは「ありません」

 

何か話すと言うよりとことん聞きます

20代の営業時代も

「山﨑の業務日誌は雑談ばかり」とよく上司に言われていました

 

そもそも業務日誌は、上司への提出物というより

私の備忘録だったので

お客様の属性、その時の会話は忘れず書いていました

 

当時は300名程のお客様を担当していましたが

お客様にとっては担当者は1人

 

だからこそ「相談できる担当者」を心がけ

お客様のニーズ・問題解決に合わせた

商品提案をしていました

と言っても!

当時はビジネス=問題解決なんて知らず

う~ん雑談しかしてなかったなぁ~という記憶

今回、書籍を書くにあたって

過去の自分を振り返りわかった事

 

もちろん「お客様を知れば商品が売れる」

ここにたどり着くのに失敗はたくさんありました

だから【数】だなっ!と思います

 

話は戻りお客様に合わせた提案とは「美容院」です

必ず希望を聞かれますよね??

「私、ショトカットが得意だからショートにしますね」

そんな美容師さんいませんよね??

 

この「ショトカット押し」が

営業では結構多いんです

「私のサービスはこれなので」

「私はこれが得意なので」

「私のこだわりはこれです」

 

ハッキリ言います

人はそんなに人に興味がありません!

 

だからこそ

自分のサービスが相手のどこにフィットするか

どんな伝え方がいいのか

会話をしながら常に考える

 

そして大事な事!

自分に出来ない事なら人を紹介すればいいんです

 

その時は自分の売り上げにならなかったとしても

人の紹介や信用は人脈の貯金です

これ、苦手な人が多いですから

是非やってみて下さいね😊

 

「できる営業マンは話上手より聞き上手」と言いますが

私が思うできる営業マンは「聞きながら分析上手」なのだと思います

ただ聞くだけじゃもちろん売れません

 

お客様の会話から、ニーズを聞き取り

そのニーズと自分のサービスをどう繋ぎ合わせるか

考えるとワクワク✨楽しいですよ😊

お客様に合わせたカスタマイズ提案

是非してみて下さいね❣️

 

【お知らせ】

「素質を知って、ブレない発信軸を作る」

Zoom開催なので遠方の方も受講可能です


f:id:gankin:20190929185441j:image

現在、関西・北陸方面からも

ご受講頂いております

https://peraichi.com/landing_pages/view/yamatomo222